bodyboss ダイエット、筋トレなら持ち運べるジム「BODYBOSS」 詳しくはこちら>>

筋肉痛治し方

 

筋肉痛が早く良くなればいい。

 

筋肉痛の治し方って?

 

 

筋肉痛ってどうすれば和らぐのかな?

 

若いと筋肉痛にすぐなり、治りも早い。
が、しかし、年を重ねると、運動した翌々日に筋肉痛になったりする。

 

 

翌日筋肉痛にならなかった時、
「あれ?私の体もまだ若い!運動してもさほど疲れがないなぁ」・・
翌々日きました。

 

 

筋肉痛の治し方というか、筋肉痛をいかに癒すかということを考えてあげた方がいいかと。

 

日頃、適度な運動を心がけていれば、激しい筋肉痛は避けられるかとも思います。

 

 

筋肉痛の治し方または癒し方ですが、まず、疲れた筋肉には十分な栄養を送り込んで上げることが大切。

 

筋肉痛の治し方の基本はプロテインを摂ることが必要になってきます。

 

 

プロテインがない場合は普通にお肉や魚などを多めにとったり、大豆製品などを積極的に食べることをお薦めします。

 

スポーツ選手や、格闘家は鶏肉(高タンパク低脂肪)をよく摂取すると聞きます。

 

 

お肉も筋肉を作るために必要ですが、ダイエットをしている場合は控えたいですよね。

 

スポーツショップなどへ行くと、プロテインは売ってます。

 

 

粉末上になっておりカロリーも低めで栄養価のバランスもとれてます。

 

また、プロテインとバランスよくアミノ酸を摂るのも栄養補給による筋肉痛の治し方としては特にお薦めです。

 

 

筋肉痛は筋繊維が傷ついているため、栄養補給だけでは完全には治すことが残念ながらできないのです。

 

傷ついた筋肉を回復する自己修復機能を最大限に活かすために積極的にたんぱく質を摂ることを心がけましょう。

 

 

また筋肉痛の治し方、癒し方で必要なのは十分な休息をとることです。

 

体は自然治癒していきますので、それに逆らって動き続けたりすると筋肉を修復するどころか悪化させてしまいます。

 

 

運動して筋肉痛の時以上に眠くなるのは、体がそのことを欲しているのかも?!

 

無理せずしっかり睡眠もとりましょう。

 

 

運動をしてあと、ジョギングして後、ワークアウトして後など、汗をかいた後のビールがうまい!って言う風になってしまい、お酒を飲み夜更かしをするパターンの人もいるかと思いますが、運動をした後だからこそ、早めに体を休ませてあげ、筋肉痛を予防または軽くしてあげたいです。

 

早く寝ることを心がけましょう。

 

 

筋肉痛を軽減するためには、運動後、筋肉が固まってしまわないように、入念にストレッチすることが大切です。

 

激しい運動をした場合は、できるだけすぐに軽いウォーキングなどをして体を急に冷やさないようにします。

 

 

血液を体に流してあげるようにして、最後は入念なストレッチをします。

 

体をほぐしてあげることが大切です。

 

 

筋肉痛の治し方の前に覚えておきたい筋肉痛の軽減方法です。

 

筋肉痛を和らげるにはまずは温めてあげましょう。

 

 

冷やす方がいいと思いがちですが温めることで筋肉の血液の循環を良くしてあげることが大事です。
(激しい運動ですぐ筋肉痛になった場合は冷やし→温める)

 

運動を続けようと思っても、激しい筋肉痛に襲われると続けることができなくなりせっかく始めようと決心したことも3日坊主で終わってしまう恐れがあります。

 

 

運動<ストレッチで、運動なれないときはストレッチなどの時間の方を多く取ってあげた方が筋肉痛を軽減し、続けられるコツとなるかも知れません。

 

 


BODYメイキングウェア・ボクサープレス
ダイエット・筋力アップ・背骨矯正に最適な加圧シャツ!ボクサープレス 詳しくは>>



ブログの殿堂 / PVランキング / FC2 Blog Ranking
くる天 人気ブログランキング / ブログ王ランキング / BS blog Ranking
inserted by FC2 system