クレジットカード 作り方


クレジットカード 作り方

クレジットカードは最近では気軽に作れるので持っている方も多いのではないでしょうか。
クレジットカードとはどのような仕組みなのか説明したいと思います。

 

まず「クレジット」の意味ですが、これは「商品を買う時、またはサービスを利用する時の代金を後払いするシステム」です。

 

お店で気に入った商品があったとします。
これをクレジットカードで買うとします。

 

この時の商品の代金はクレジットカード会社が一時負担をしてくれます。
クレジットカード会社によって日にちは違いますが、毎月利用明細書が送付されます。

 

そして、この1ヵ月で「この代金を立て替えました」という具体的な店名や金額が書かれています。
その料金が登録されている自分の口座から引き落としされたり、または振込みます。

 

これがクレジットカードです。
支払方法は色々とあります。

 

一回払いや分割払いなど、分割払いの場合は使用しているカードによって回数は様々です。
そしてボーナス一括払いやリボ払いなど。

 

3万円の商品を買ったとして、一回払いだったら3万円、2回の分割なら15000円で翌月も15000円)、ボーナスならボーナスの月に一括で引き落としされます。
分割払いは、2回までは手数料がからないところが多いですが、3回目以降は分割手数料が発生することがあるので注意しましょう。

 

クレジットカードで支払う際は、レシートのような利用控えにサインをします。
これは大切に保管しておいて「いつ・どこで・いくら利用したか」を解るようにしておきましょう。

 

そして、カード会社からの利用明細書の一覧と照らし合わせて、利用してない請求がないなどのチェックをするといいでしょう。

 

最近はサインをしないでも済むお店も増えてきました。
クレジットカードの紛失はしないように注意しましょう。

クレジットカードの選び方

クレジットカードを初めて作ろうと思った時にあまりの種類の多さに驚く人も少なくありません。
自分に合ったクレジットカードの選び方を紹介します。

 

最初は年会費無料のクレジットカードをオススメします。
永久年会費無料というクレジットカードもあるので、持っているだけなら一切料金がかからなくて便利です。

 

次にチェックしたいポイントとしては特典です。
そのクレジットカードによって買い物で割引があるのか、独自のサービスがあるのかなどです。

 

そして、最近は電子マネー機能搭載のものがあるので、普段電子マネーを利用されている方にはうれしい機能です。

 

次はポイントです。
クレジットカードの利用に応じてポイントがたまります。

 

そのポイントをキャッシュバックやプレゼントに交換できたりします。

 

自分がよく利用する会社やポイントを有効に貯めて利用したい方は、その会社に絞って集中的にポイントを貯める事をおすすめします。
光熱費・年金・ネットショッピングなど、クレジットカード払いできるものが最近は多いのでポイントは割とすぐに貯まります。

VISAカード、MasterCard、JCBカードの違い

クレジットカードを作ろうと思った場合に「VISA」「MasterCard」「JCB」と選択する項目があります。
これはどのような違いがあるのか説明していきたいと思います。

 

VISAカード
マスターカードと並ぶ2大ブランドで世界的に加盟店が一番多いのではないでしょうか。
世界の各国の金融機関がVISAインターナショナルと提携してカードを発行しているので、カードによって発行会社が違ってきます。
海外に行く予定がある方で、カードは1枚しかいらないという方にはVISAカードがオススメです。

 

MasterCard
VISAと並ぶ2大ブランドでマスターカードはヨーロッパで強いといわれています。
加盟店はVISAと大差はないようですが、ヨーロッパ方面で利用を考えられているならMasterCardがいいのではないでしょうか。

 

VISAカードとMasterCardの2ブランドは決済のみを行っていて、VISA・MasterCardの会社自体はカードを発行していません。

 

JCBカード
これは日本のクレジットカード会社のため、国内では加盟店最多で有名ですが海外では利用できなかったり対応してないこともあります。
主要都市では、ほぼ使えるようですが海外には不向きなカードになります。

 

ただ、サービスとして外国主要都市には「JCBプラザ」があり、クレジットカードを見せるだけで日本語スタッフが旅行のツアーや予約などの相談に無料でのってくれます。
韓国、台湾、タイ、マレーシアなどアジア各国ではVISAカードとMasterCardの2ブランドと同じくらい加盟店があります。

クレジットカード審査

クレジットカードの入会審査はカード会社独自の基準を持っていますので、審査が通りやすいものや審査が通りにくいものは確かにありますが一般的な話をします。

 

まず、信用力の判断材料として3つあります。

 

 

1、資力 定の収入があって、返済する能力をみるもので最も重要視されます。
2、性格 決められた日にきちんと返済できるかどうか。
3、資産 担保として不動産や車などがあるかどうか。

 

 

次に「点数付け」があります。

 

申込み時の情報から、年齢とか会社の勤続年数、他社からの借入や支払の状況など、いろいろな項目で点数をつけられるようです。

 

 

上記のようにいろいろと審査項目がありますが、審査に通らない場合もあります。

 

審査に通らない場合はどんな原因が考えられるでしょうか。

 

 

1、記入が雑。
未記入の欄が多い。
いい加減である。

 

これは上記の「性格」の部分ですね。
誤字脱字、電話番号の間違い、記入漏れ。
できるだけ正確・丁寧に記入しましょう。

 

 

2、「点数付け」で基準点に達しない。

 

これで重要視されるのは「年収」「勤続年数」「住居年数」といわれてます。
それぞれ最低ラインを設け、1つでも最低ラインを割ると通らない可能性が高いそうです。

 

 

3、多重債務、支払遅延・延滞

 

個人情報から信用情報を照会して審査の判断材料にしています。
ほかからの借金や過去に支払の遅延等があった時は審査に通らない可能性があります。

 

 

クレジットカード会社の入会審査は、申込者のそれ以前のデータや履歴をみることによって得られる経験則に照らし合わせてその人の個人信用を判断し、公正な視点から返済能力や返済意思の有無を問うという作業になります。

 

クレジットカードの入会審査は電子的に行なわれることが主流となっていて、スコアリングシステムなどと呼ばれる仕組みを採用するところも増えているようです。

 

 

では、クレジットカードの入会審査におけるスコアリングシステムとは、どのようなものでしょうか?

 

これは、カード申込者の職業や年収といったデータから、その人のリスクを統計学的にコンピューターで計算して、予審の可否を判断しようという仕組みです。

 

 

スコアリングシステムを利用すれば、新規にクレジットカードの申し込みを行なった人が先々優良顧客となるかそうでないかを点数で予測することができると考えられています。

 

スコアリングシステムにおいては、スコアリングテーブルと呼ばれる信用調査の採点表が用いられます。

 

 

ここでは、クレジットカードを申し込んだ人の年齢や、持ち家、賃貸、一戸建て、マンション、アパートといった住宅状況、また給与所得者であれば勤務先がどのようなところであるか(一部上場企業、二部上場企業、官公庁など)というような項目について、ひとつひとつ点数がつけられていくことになります。

 

スコアリングテーブルを作成するためにはまず、過去の一定期間に受付を行なったクレジットカードの申込書を全て集め、一般カードやゴールドカードといったクレジットカードのランクがあればそれぞれの申込書に分類して母集団を選び、結果として優良口座になった申込書、不良口座になった申込書、そして最初から受けつけられなかった申込書の3つにグループ分けを行ないます。

 

それらをもとにして属性項目と各項目の評価点が決まると、どこまでの点数の申し込みを受けつけるかという経営的な判断がなされることになります。

クレジットカード 作り方記事一覧

楽天カード 年会費永年無料

楽天カードは年会費はかかりません。年会費永年無料!楽天市場でのお買い物はポイント4倍!ポイントがザクザク貯まる!楽天カードご利用金額100円につき1ポイント貯まります。貯まったポイントは楽天市場・楽天ブックス・楽天トラベルなどでご利用いただけます。楽天Edy利用200円毎に楽天スーパーポイント1ポイ...

≫続きを読む

 




ブログの殿堂 / BlogPeopleブログランキング / PVランキング / FC2 Blog Ranking

blogramランキング / くる天 人気ブログランキング / ブログ王ランキング

ブログランキング7 / BS blog Ranking

  • SEO
  • loading
  • 気になる話題NEWS


seo great banner
  • SEOブログパーツ

inserted by FC2 system