bodyboss ダイエット、筋トレなら持ち運べるジム「BODYBOSS」 詳しくはこちら>>

血豆治し方

 

内出血して小さなふくらみができたりします。

 

血豆は指、足、腕・・・

 

身体中のいろいろなところに出来る可能性があります。

 

 

目立たないところだといいのですが、目立つところだったり(顔とか)すると気になってしょうがないですし、また気になるからといって、自分で血豆をどうにかしようと思い余計に悪化させたり・・。

 

血豆の治し方って?

 

 

血豆治し方は、できるだけ早く処置をする方法、放置して自然に任せる方法と、などがありますが、放っておいてそのままほくろになってしまった。

 

豆は小さくなったけど、ほくろでもなく、血豆でもない物体が残ってしまうパターンがあるようです。

 

血豆 治 し方の一つとして、血を抜く外科的な治療があります。

 

 

自分で出来る処置ではありますが、十分な注意が必要です。

 

後に残ったりするといやですからね。

 

血豆は最初、皮と内皮が剥がれているところに水が溜まっています。

 

 

この状態で無理やり皮をむくとヤケドと同じで、血豆の部分が感覚過敏になり触れなくなる恐れがあります。

 

豆の血だけをそっと抜いて、表面が落ち着くまでは皮はつけて皮膚を守りましょう。

 

 

内側の皮ふにはまた皮膚が張ってきます。

 

外側の皮は固くなり向けやすくなりますので、その時にきれいに剥がすと綺麗にはがれあとも残らない可能性大です。

 

 

血豆治し方で放置しておく治し方は、長い時間をかけて血豆を組織が吸収するか、皮膚は新陳代謝をちゃんと行っていますので、血豆が自然に剥がれるのを待つかです。

 

自分自身で血豆を潰して直す場合は、手を消毒して清潔にして、針などを使う場合は、しっかり消毒して行うようにしましょう。

 

 


BODYメイキングウェア・ボクサープレス
ダイエット・筋力アップ・背骨矯正に最適な加圧シャツ!ボクサープレス 詳しくは>>



ブログの殿堂 / PVランキング / FC2 Blog Ranking
くる天 人気ブログランキング / ブログ王ランキング / BS blog Ranking
inserted by FC2 system