bodyboss ダイエット、筋トレなら持ち運べるジム「BODYBOSS」 詳しくはこちら>>

温泉卵作り方

 

温泉卵を自宅で作るのはめんどくさいとか思ってました。

 

スーパーでも売ってるし、食べたいけど温泉卵のおいしい作り方が分からず、でも人に聞くまでもなく、食べたい時は温泉、日本食やさんなんかに行けばいいかな〜、なんて思ってましたが、今は作り方が本などにも載ってますね。

 

 

牛丼、焼きそば、カレーなどに、目玉焼きや生卵を入れてましたが、温泉卵をのっけることができると、見た目お上品になりそうでワクワクです。

 

ゆで卵は沸騰したお湯で作ります。黄身の固まり具合で半熟か固ゆでになります。

 

 

温泉卵の作り方は、沸騰してないお湯で作り、黄身がほどよく固まり、白身がとろとろになるようにします。

 

同じ卵なのに、お湯の温度で出来上がる物が違うというのが実に不思議です。

 

 

同じ卵でもなぜ調理の仕方でこうも変わるのかと言いますと、白身と黄身の固まる温度が違うからなのです。

 

黄身が70度くらいで固まるのに対し、白身は80度くらいで固まります。

 

 

ただし、白身の一部は65度くらいで固まります。

 

黄身よりも白身の方が固まりやすいので、80度を超えると黄身も白身も固まるため、ゆで時間で黄身が半熟になったり固ゆでになったりします。

 

 

70度くらいにしておけば、白身の一部と黄身が固まるので、あの温泉卵独特のプルプル、トロトロ感が出来上がるようです。

 

 

【家庭で作ろう!温泉卵の作り方

 

〜 鍋を使って 温泉卵の作り方 〜

 

1.約3リットルのお湯を鍋に沸かし、沸騰したら火を止めて300ml(※沸騰したお湯の1/10の量)の水を加えます。

 

2.お玉やスプーンなどを使って、卵をゆっくり鍋に入れます。

 

あとはフタをして25分前後待てばできあがりです。

 

 

〜 電子レンジを使って 温泉卵の作り方 〜

 

1.水100cc(1/2カップ)を細めの湯飲みに入れる。

 

2.そこに常温に戻した卵を割りいれる。フォークや竹串で黄身に穴を開ける。

 

3.ラップはかけず、電子レンジ(500w)で1分加熱。その後、中の水を捨てる。

 

※注意点!このとき加熱時間がオーバーすると、卵が破裂して大変危険ですので、加熱時間は1分以内を守ってください。

 

4.出来上がり。

 

 

電子レンジ機器の違いや卵の大きさによって、調理時間のずれが多少出てきます。

 

加減を見ながら調理してくださいね。

 

 

〜 炊飯器を使って 温泉卵の作り方 〜

 

★炊飯ジャーに生卵を入れ、保温にして1時間待つだけ!

 

これだけでほぼ完璧な温泉卵の完成です。

 

炊飯機器の違いによって、出来上がりに差が出る場合があります。

 

 


BODYメイキングウェア・ボクサープレス
ダイエット・筋力アップ・背骨矯正に最適な加圧シャツ!ボクサープレス 詳しくは>>



ブログの殿堂 / PVランキング / FC2 Blog Ranking
くる天 人気ブログランキング / ブログ王ランキング / BS blog Ranking
inserted by FC2 system